top of page
  • 執筆者の写真イーモック

不動産物件の魅力を伝えるInstagramリール動画制作ガイド

この4月から東栄住宅様のInstagramリール動画の制作をさせて頂いております。




Instagramのリール動画は、その短さとダイナミックな表現力で、視聴者を惹きつける強力なツールとなっています。特に不動産業界においては、建売物件の魅力を瞬時に伝えることが求められます。

大手住宅メーカーのInstagramリール動画制作において私が学んだ、効果的なリール動画制作のポイントを共有します。


1. 視覚的な魅力を最大限に引き出す

不動産物件のリール動画では、視覚的な要素が非常に重要です。鮮やかな色彩、洗練されたインテリア、広々とした空間など、物件の魅力を最大限に引き出すことを心がけます。動画の冒頭で視聴者の注意を引くことができれば、視聴を続けてもらいやすくなります。


2. 早送りの魔法を利用する

リール動画の制作では、時間の制約があります。そのため、早送りのテクニックを利用して、物件の様々な部分を短時間で紹介することが有効です。例えば、家の外観から始まり、玄関、リビング、キッチン、バスルームといった流れで、各部屋のハイライトを迅速に紹介することが可能です。


3. エモーショナルな要素を加える

家はただの建物ではありません。それは夢や希望、安らぎの場所です。リール動画では、物件が提供するライフスタイルや感情を伝えることが重要です。温かみのある光、家族が集うダイニングの様子、リラックスできるバスタイムなど、視聴者が共感できるシーンを取り入むことで多くの共感を得ることができます。


4. ストーリーテリングを忘れずに

新築物件では、実際に人が住んでいるわけではないので難しいのですが、実際に家を購入した方の家を取材することができれば、単なる物件紹介にとどまらず、小さなストーリーを紡ぎ出すことができます。

弊社では、大阪の毎日放送「住人十色」という住宅紹介番組を制作していました。家の構造の説明だけでなく、そこに住む人にスポット当て、どんな思いで家を作ったのか、リフォームしたのか、そして、そこでどんな暮らしをしているのか。そういったストーリーを描くことができれば、より、視聴者が感情的に動画に没頭することができます。


5. CTA(コールトゥアクション)を明確にする

動画の最後には、視聴者が次に取るべき行動を明確に伝えるCTA(コールトゥアクション)を設置することも大切です。「さらに詳しくはプロフィールのリンクから」「お問い合わせはDMで」など、簡潔で明瞭なメッセージが効果的です。



リール動画は、建売物件の魅力を短時間で伝える絶好のチャンスです。上記のポイントを押さえることで、視聴者の関心を引き、物件への興味を高めることができるでしょう。成功への鍵は、創造力と物語性を生かしながら、物件のユニークな魅力を伝えることにあります。



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

クリエイターの原動力

動画制作において私たちクリエイターの原動力は、お金以上にクライアントから頂ける感謝の言葉です。 例えば、今月、クライアントから頂けた言葉。 (大手広告代理店) 「めちゃくちゃクオリティ高くてビックリしました!! さすがとしか言いようがないです…。」 (テレビ局) 「ありがとうございます! どれも完璧だと思います! 脱帽です!」 (大手製薬会社) 「素敵な動画!ありがとうございます!! 想定以上の仕

Commentaires


bottom of page