top of page
  • 執筆者の写真イーモック

効果的な動画マーケティング戦略:大手家電量販店のエアコン紹介動画制作体験談

動画マーケティングは、顧客の注意を引き、製品の魅力を効果的に伝えるための強力な手段です。今回は、大手家電量販店の店頭で流れるエアコン紹介動画の制作プロセスを詳細に解説します。動画は、大手3社のエアコンの特徴をクリアに伝えることを目的としています。


最初の課題は、ターゲット層の特定とKPIの設定。大手家電量販店の店頭でエアコンを購入を検討している顧客は多岐にわたるため、全世代に訴えかける「わかりやすい動画内容」の構築が必須となりました。この目標を達成するために、言葉選びや情報の提示方法に特に注意を払いました。


【ターゲット層の特定】

動画のターゲットとして、実際に家電量販店でエアコンを検討している広い年齢層を意識しました。これには、若者から高齢者まで、誰もが理解しやすいシンプルで直感的なビジュアルと言語を使用することが求められます。動画を通じて、製品の特性を簡潔かつ明瞭に伝えることが意識して制作。


【KPIの設定】

KPIには、動画視聴後に顧客が詳細情報を求めて店頭スタッフにアプローチする率を設定。動画の内容を興味深く、しかし、全ての情報を伝え切らないことで、視聴者が販売スタッフに詳細を問い合わせたくなるよう仕向けることが重要でした。

このため、動画の尺を3〜4分とし、顧客が快適に全内容を視聴できるように配慮しつつ、興味を持続させるバランスを取る必要がありました。


【動画の構成とフロー】

動画の冒頭では、各エアコンの注目すべき特徴を「ここがすごい!」という形で紹介し、その後、その特徴がなぜ優れているのかを順を追って解説。この構成により、情報が頭に入りやすく、視聴者が自然と製品の魅力を理解できるようにしました。


制作プロセスでは、特にタレントの選定と指導に多くの時間を割きました。タレントが画面内で自然体で話しながらも、商品の魅力を最大限に引き出すことができるよう、スクリプトの細部にわたり調整。

また、説明する部分と購買意欲を高める部分での話し方の強弱を工夫することで、視聴者の興味を引き続き維持できるように演出。

視聴者が「買いたくなる」気持ちを引き出せるように、強調すべきポイントでは声のトーンを少し変えることで、情報の重要性を際立たせました。


【まとめ】

効果的な店頭動画の制作には、放映場所、ターゲット層、そして明確な目的(KPI)設定が不可欠です。これらの要素を事前にしっかりと計画し、その上でクリエイティブな要素を加えることが、成功への鍵を握ります。このアプローチにより、動画は製品の価値を高め、消費者の購入意欲を刺激する重要なツールとなると改めて感じました。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

クリエイターの原動力

動画制作において私たちクリエイターの原動力は、お金以上にクライアントから頂ける感謝の言葉です。 例えば、今月、クライアントから頂けた言葉。 (大手広告代理店) 「めちゃくちゃクオリティ高くてビックリしました!! さすがとしか言いようがないです…。」 (テレビ局) 「ありがとうございます! どれも完璧だと思います! 脱帽です!」 (大手製薬会社) 「素敵な動画!ありがとうございます!! 想定以上の仕

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page